『犬も歩けば棒に当たる』 ~辺りを見回してみよう!面白いことがいっぱいあるぞ!~

toubouroku.exblog.jp
ブログトップ

タグ:街造り ( 1 ) タグの人気記事


2006年 05月 28日

歴史的遺産と町造り

f0068075_1838275.jpg

 備前は池田家31万5200石の大身があるため小藩は目立たない。 しかし、現在の岡山市からJRで二駅西へ走ると、そこには庭瀬藩2万石(板倉家の代で明治を迎えた)の家並みを今でも目の当たりにすることができる。 写真はその庭瀬藩の陣屋跡だ。 文字通りの小さな藩ではあったが、街を歩いてみると、さぞや昔は美しい家並みが軒を連ね、縦横に結ばれた水路には水面に心奪われる影が揺れて、水鳥がそこかしこで餌をついばみ、菱の実がたわわに実り、子供達の声が辺りにこだましたことであろう。
(蛇足だが、この陣屋跡から西に200メートル程の処にもう一つの陣屋―幕府領で石高は五千石だが、さすがこちらの方がでかく、親藩とはいえ2万石の方がこぢんまりしている―があるという全国的に見て実に珍しい景観をここ庭瀬は持っている。 更に蛇足を重ねると、元々の庭瀬城本丸が西の撫川陣屋となり、残りの東側が東の庭瀬藩の陣屋になったためにこのような面白い現象が起きたのだ。)
f0068075_18381319.jpg
 しかし、現在はどうであろうか。 ご多分に漏れずここにも大都市が雪崩れ込んできて(皮肉なことに隣の岡山市の隣接住宅街としての位置付けで)目の前に拡がる過去に繋がりをもたない人々が多く住まうようになった。 駅前で何人かに陣屋のことを聞いてみたのだが、正確に答えられる人はいなかった! 本当に残念なことであるが、この誇らしくも美しい歴史的景観をもつ陣屋跡の街は、今の多くの住人の関心を呼んではいないように見うけられた。
f0068075_18382319.jpg
 口惜しくも残念なことだ。 岡山市と比べて、決して遜色どころか、いやそれ以上の環境を持ちながら、住民の関心が上がらず、町は特色を日々失いながら、せっかくの歴史的世界を過去の世界に葬り去ろうとしている。 町造りをはじめとして、人々の意識の中に歴史的世界を活かした生活の場を創る工夫を巡らせば単なる地方都市などというけちくさい範疇ではなく、素晴らしい未来に誇ることのできる“住まいの場”を生み出せるのにと思った。 恐らく小生が知らないだけであるいは多くの心ある人々がそう思って日夜知恵を絞っておられるのかも知れないが、行政を含め、誇れる街並みと特色ある地域社会を未来に残すためにも、今こそ積極果敢な運動の展開をなんとしても期待したいものである。f0068075_19245915.jpg
 歩き回ると水路には田舟が浮かんでいるのがあちこちに見られる。 これももう少しすると過去の世界へと消えてゆくのであろうか? 一見便利そうではあるが特色のないどこにでも在るような街を造ってゆくよりも、いつも心の中に息づいて消えることのない、みんなの心の財産となるような愛着のある街を育てる工夫こそが日本では今最も問われなくてはならないものだと思う。 このような人々のたゆまぬ営みの中からだけ、我々の未来の新しい文化が育まれてゆくものだと考えている。

【PS】 母は実家からこの庭瀬の駅まで毎日歩いて通い、汽車に乗って岡山の女学校へ通ったのだそうだ。 この駅からは先ほどの板倉家のお嬢様も加わり一緒に毎日通ったそうです。 冬は星降る中を手を凍えさせながら通い、いまだ家がまばであったためか、線路脇を走りながら汽車の釜焚きに「待って下さい!」といえば「はよこいよー」とそれなりに待ってくれたのだそうです。
 叔母の四十九日への参列に朝早く大坂を出た甲斐があったのか、思ったよりも早く到着できたため、庭瀬の駅から母の実家まで試しに歩いてみることにした。 周りをキョロキョロと物色し、それなりに時間はかかったものの、亡き母に導かれてつつ途中数々の収穫を集めたが、しかし間違いなく時間までにはキチンと到着することができました。
[PR]

by usasho | 2006-05-28 18:37 | 歩き回って