『犬も歩けば棒に当たる』 ~辺りを見回してみよう!面白いことがいっぱいあるぞ!~

toubouroku.exblog.jp
ブログトップ

タグ:花 ( 1 ) タグの人気記事


2008年 04月 12日

山笑い、川歌う春

 バタバタしている内にあっという間にもう(?)4月だって!
 別にボーとしていた訳じゃないんですよ! でもね、正月以来、写真以外の更新ができなかったので、改めてここに書き込んでいると、無性に気恥ずかしさがムクムクと膨らんでくるんです。
 先般アメリカの渡辺千賀さんが4月7日のサイトで“lower-stress bloggers”という話をされてましたよね! 私なぞはさぞかし脳天気な“lowest-stress bloggers”の最たるものでしょう! (*^_^*)! 本当に贅沢の極みです!(オイ、オイ!変な自慢をせずに、正直に“私の我儘で”と書けョ!←天の声)
f0068075_1012165.jpg

 それにしても、今年位、春がビシッと決まった年はなかったよね! 私のようなものぐさでもいそいそと夜櫻を見に出かけ、山里へと春を見付けに飛んで行ったんだから!
f0068075_9183049.jpg

 本当に普段見慣れた景色も、そこにただ花を添えるだけで、この世ならざる世界へと昇華してゆく。
f0068075_10155899.jpg

 山の上からも花が窓となって別の下界が向こうに見えてくる。
f0068075_10172185.jpg

 げに、山は花霞を得て笑い出し、
f0068075_1019971.jpg

 川は花を得て歌い始め、見渡す限り神が懸かり、神名備た世界がひととき降臨するが、花片が納めの舞を奉納し始めると、少しずつこの世が戻ってくる。
f0068075_10211486.jpg

 額の汗を拭いながら山道を登り、ふと足を止めて振り返った時、目の当たりに咲き誇る櫻主が刹那をおかず我が魂と融け合うのを覚えた! そして、今日のこの日に、生きてこの花と出会えたことへの言い知れぬ喜びと、そよ風の中をたゆたう花弁への言葉には成らない切なさとが、潮のごとくぶつかっては押し寄せ、引いてはまた押し寄せて、柔らかな春の日差しのもと、佇み尽くす私をただただ溺れさすのだ!
f0068075_10381488.jpg

『尋常小学読本唱歌』
春が来た (作詞 高野辰之 作曲 岡野貞一)
   一
     春が来た 春が来た どこに来た
     山に来た 里に来た 野にも来た
   二
     花が咲く 花が咲く どこに咲く
     山に咲く 里に咲く 野にも咲く  
   三
     鳥が鳴く 鳥が鳴く どこで鳴く
     山で鳴く 里で鳴く 野でも鳴く
[PR]

by usasho | 2008-04-12 23:23 | 身の回りの世界から