『犬も歩けば棒に当たる』 ~辺りを見回してみよう!面白いことがいっぱいあるぞ!~

toubouroku.exblog.jp
ブログトップ

タグ:猫 ( 2 ) タグの人気記事


2007年 09月 15日

木々の踊り

 十三峠へ登る道には何カ所か木々が生い茂って昼なお暗い処がある。 それでも夏にはまだ7時前であれば何とか歩いて歩けないことは無いのだけれど、さすが9月も半ばを過ぎる頃には急に日が短くなり、5時でも多少足許が覚束ないことがある。 ましてや、現在、台風が東シナ海を北上中のため、今朝から雲が走って頃合いがつかめず、ぐずぐずと決めかねていたために今日は登り始めるのが遅かったから、暗くなりかけて慌てて山を下りだした。
 案の定、不思議な沼池がある辺りまで下りて来ると、既に夜の帳がそこここにたむろし始めており、急な坂に気を配りながら下り始めると、急に雲が割れたのであろうか、夕べの太陽が最後の一条の光を木々の間からこちらへと投げて寄こした。
f0068075_12304426.jpg

 余りにも密生したためであろう、幾分かの木々が地元の人々によって透かれていたため、光の通りが良くなったのだ。 太陽が西へと急ぐために、夕べのまったりとした光に照らされて木々がまるでスローなインド舞踊を見るようにゆったりと踊っているように見える。 何という怪しくも艶めいた姿ではないか。 夏の盛りにはあんなに鳴いて止まなかった沼の牛蛙がどういう訳か今日は全く水音一つあげない。 静まりかえり、夕べの闇が辺りに居並ぶ中で、輝く木々の怪しい踊りだけが目の前に浮かんでいる不思議な光景に私の目は釘付けになり鳥肌だった。

【PS】 暗くなった池の端に一匹の猫がポツンと佇んで、池を所在なさげにただジッと見ている。
 呼んでみたが、チラッとこちらに一瞥をくれただけで、相変わらず端正にチョコンと座ったまま、ただぼんやりと池に目を遣っている。 魚でも捕まえるにしては、全くそのようなそぶりも見せないし、また、それにしてはもう既に暗くなりすぎているように思う。 かといって、この猫がなにかを思い詰めて自殺しそうにも、また思えない。 しかし、先程、こちらを向いた時にチラリと見せたもの悲しい瞳から、人である私には推し量ることが出来ないような哀しい出来事があったのであろうか、などとも考えた。
 ものも言わず、ただ押し黙って池を眺め続ける小さな姿が妙に愛おしく気に掛かるが、もういくら呼んでもこちらを振り向いてはくれなかった。
 少しずつ辺りから色が失せ始め、池畔に佇む小さな猫のまあるい背中もだんだんと闇の中へと溶けてゆく。 後ろ髪が引かれたのだけれど、にじり寄ってくる闇達に追い立てられるようにして、トボトボと一人、私は山道を下っていった。
[PR]

by usasho | 2007-09-15 23:50 | 自然
2007年 07月 11日

もしも猫に字が読めたなら…

f0068075_20574537.jpg

 出会いによって時々複雑な思いがする時がある。

 ご近所に猫好きな方が多いせいか、野良猫が辺りを闊歩している。 別に彼等が凶暴なわけでもなく、彼等によって何か不安が町中に蔓延しているわけでもない。
 ただ、彼等の生理的活動がどこの家でも眉をひそめさせているのである。 思わぬところに、思わぬ形で彼等の生活の痕跡が我々の日常を極めて不愉快なものにさせているのである。

 もとはといえば、古くから言われているように、彼等の誕生における人間のわがままさが何よりもの根源であると言ってしまうと、それまでなのだが、しかし、何処かの他人さんがしでかした無責任な不行跡が関係のない自分たちに及ぶ時、それを決して首肯することはできない。

 なぜならば彼等は、庭の一番大切にしている場所や愛車の横など全くお構いなく、実に強烈な自己存在の証をそこに留めようとしているのだからだ。 ましてや、それが、一部の人の一時の慰みによって与えられる食事によって助長されるとなれば、ただただもう腹に据えかねるのである。
 たまりかねた方が、ガレージ横のフェンスに張り紙を出した。 もっともなことだと思う。
 観ていると、わざわざ缶詰を持参してきたり、ペットフードを買ってきたりと、与えている御常連の方々はまことに優雅の極みではないか。 このような御常連の面々は己の行為の行く末をどのように考えておいでなのだろう! 本当に、そんなに彼等が不憫だと思うのならば、自分できちんと飼えばよいのに、と思う。

 かがんで張り紙を見ていると、勘違いした一匹の猫がやってきて、このおじさんは一体どんな食事を持ってきたのだろうか?と、フェンス越しに私を眺めているが、字が読めないこの猫をこちらから見ていると、なんともまた不憫でならない。 この猫の少し後ろには、彼の愛妻と生まれたばかりの家族が車の下からジッとこちらを窺っているのだった。

【SP】 一昨日からニイニイゼミが玉串川沿いに鳴き始めた。 もう夏なんだなあ、と立ち止まって昔なじみの初々しい声に思わず聞き入ってしまった。
 ニイニイゼミの声を聞いていてふと思い出したのだけれど、蝉の幼虫が地上へ上がってくる時、どういう訳かニイニイゼミの幼虫だけが泥だらけになって上がってくるのは一体何故なのだろうか?という小学生以来の疑問を思い出してしまった。 本当に不思議ですよね!
[PR]

by usasho | 2007-07-11 20:56 | 身の回りの世界から