『犬も歩けば棒に当たる』 ~辺りを見回してみよう!面白いことがいっぱいあるぞ!~

toubouroku.exblog.jp
ブログトップ

タグ:昆虫 ( 4 ) タグの人気記事


2007年 08月 02日

久しぶりに山に登った!

f0068075_22505533.jpg

 毎日目の前に山を見ながらも、年の性なのであろう、長い間体調を崩し、この3ヶ月ほど指をくわえて眺める日々が続いた。 かといって、別段今良くなったわけではないのだけれど、ほんの少し体調が整ったことを言い訳に、また、内が出かけている隙をぬって、これ幸いにと、家を脱走し、山へと出かけたのである。
 なんと心弾むことであろうか! 少々天気模様が芳しくはないものの、浮き立つ気持ちを静めながら、いつもの登山道に到着した。
 少し登り始めると、飢えた眼にいろいろな物が飛び込んでくる。 オオナナフシがいるかとおもえば、思わず吹き出しそうになる人面虫が足許から私を見上げている。
f0068075_22512057.jpg

 山道は人が通うから辛うじて道として残っている状態で、もし人が歩かなくなると、途端に草に道は飲み込まれ無くなってしまうに違いない。
f0068075_22514125.jpg

 日溜まりにはニホントカゲの成体やきんきら尻尾の幼体が夏の日を浴びている。
f0068075_2252099.jpg

 あえて手入れをしていない山道はまるで小さなジャングルのような風情があり、これを眺めながら、やはり脱走してまで登ってきたことの言い訳をしきりに見つけ出したりしている自分がおかしい。
f0068075_22521134.jpg

 水飲み地蔵のお堂の入り口に奇妙な生き物と覚しき物がうごめいていた。 うずくまって観察してみると、どうやらこれは生き物らしい! ゾウムシのような昆虫が蜘蛛の巣に引っ掛かったのだけれど、何とか脱走に成功し、いっぱい蜘蛛の糸を体に巻き付けながらもお堂の入り口まで辿り着いたのだった。(帰って調べたら、どうやらアシナガオニゾウムシのメスみたいである!) 彼女は死地からの無事な生還をお地蔵様に感謝するためにやって来たのであろうか! 聞けるものならば、彼女から奇跡の生還の顛末をばじっくりとお聞きしたいものである。 
 頂上付近ではもう夕刻が迫り始めたためであろう、ヒグラシが涼しげな声を立てている。 石に腰をかけ、水で喉を潤しながら、目を閉じて風のそよぎと生き物たちの声にしばし耳を傾けた。

 久しぶりにたっぷりと山を堪能したあと、恐る恐る家に辿り着けば、風呂が沸かれ、冷えたビールがニッコリと私を待っていてくれたのであった。

【PS】 山道を登っていると三人ずれの親子に出会った。 上の写真のようにすれ違うには少々狭かったので道を譲った。 先頭の男の子が帽子を取って「ありがとうございます!」と挨拶をした。 つぎの女の子も、父親も同じように挨拶をして下っていった。
[PR]

by usasho | 2007-08-02 22:40 | 自然
2006年 09月 19日

山に登ると

f0068075_224407.jpg

 今日は三題噺といきましょうか。
 犬も歩けば棒に当たると申しますが、人も山に登るといろんなものに出会います。 この頃では山賊にお目にかかるというようなことはマア無くなったと思うのですが(アウトドアをやっていて一番恐いのは人間です。 ? これホント!)、多くの地方で熊との出会いが様々な話題を呼んでいます。 小生の住む大阪、八尾あたりではさすが熊はもういなくなってしまってから久しいのですが(しかし近頃では町中で始末の悪い虎共が車を運転しては大暴れし、物議を醸しているようですが)、野生の狸さんはそれなりに結構頑張ってくれているし、イノブタもまだ藪に隠れ住んでいるようです。 夕方、人気の無くなった薄暗い山道を歩いていると、周りの藪に何かがいると感じることがあります。 気配だけではなく、カサコソと足音がするので何かがこちらを見ているのでしょう。 コッソリと見られていると妙に照れ臭くなるのですが、恥ずかしがり屋さん達は一向に姿を見せてくれません(たまに猫だったりしますが)。 でも土手の上のうす暗い藪の中から何かに見られているのは別の意味で安堵します。 彼等は決して私を襲ったりはしないのですが、何かしら興味があるのでしょうね。 そんなときは「きょうも有り難うね!」といって手を振ってやります。 そうすると彼等もそれ以上付いて来なくなるのです。
 写真とどういう関係があるのって? 別になにも関係はないのですョ。 夕べが迫りつつある木の穴で、夜の出番を今か今かと待っているウスバカミキリです。 動物の写真がなかったのでチョイ代役をお願いしましたのです、ハィ。
f0068075_2254593.jpg

 このように書いていると、山の中はまるでおとぎ話の世界のように感じてしまいますが、ドッコイ、本当は生きてゆくことに掛け値無しでガップリ四つに取り組んだ真面目この上ない世界のみが拡がる、命の坩堝のみがめらめらと音を立てて煮えたぎっている世界なのです。
 写真ではヨツボシモンシデムシが自らの命のを繋ぐために幼虫のための寝床となる少々干涸らびた蛙を蠅と取りあいっこしています。 小さな体でビックリするような大きな荷物を二匹で持ち上げては気に入ったところまでグイグイと持ち去ろうと奮闘しているのです。 宮崎学氏がいわれるように、生きるものに等しく訪れる死は別の生き物の命を支え、大きな命の営みの輪を回すことで一段と大きな命が支えられていることを知ることが大事なのです。
f0068075_225572.jpg

 ところで、山を彷徨っていると、こんなものにも出会います。 何でしょうか、何の幼虫なのでしょう。 気前の良い樹液を出すので目を付けていた木の根本にある小さな樹液が出る穴を覗いていると、シズシズとこの幼虫が足早に通りすぎていったのです。 エッっと思って写真を撮るのに精一杯で、捕まえる前に別の穴に潜ってしまい、手がかりはこの写真のみとなりました。 本当に、山っていつ行ってもやはり面白いことにいっぱい出会えるのですね!

【PS】 最後の幼虫の写真、凄い色と形でしょう! でも、思わず感動してしまいました。 音もなくシズシズと歩む6~7センチ位の大きさの堂々たるこの幼虫は、一体どんな成虫になるのだろうか???  御存知の方はどなたかお教え下さいマセ。
[PR]

by usasho | 2006-09-19 22:03 | 自然
2006年 07月 08日

雨曇りに登れば

f0068075_2204489.jpg

 今日は梅雨前線と台風のせいで雲行きが怪しい。 家の前から眺めると、山の頂には雲が懸かっておらず、ほんの少しだが薄日も差す。 体調がこの二週間程極めてすぐれないのだが、トレーニングをかねて登ってみることにした。 湿度が高い分、登り始めから汗が止まらない。 肌のベタベタ感が気になったが、高みを得るに従って風があり気持ちがよい。 登山口からは様相がさすが違った。 極めて滑りやすい上に段々と雲が出てきたため、そうでなくとも鬱蒼としているのが昼間から真っ暗である。 そのうちに葉に雨が当たる音がしだし、木の上では降り出したことが分かった。 約三分の二程登っていたが今日はここから引き返すことにした。
f0068075_2214587.jpg

 山道を歩いている途中、独特の樹液の匂いが辺りにたちこめ、昆虫達の泉がほとばしり出ているところがある。 極めて暗いうえに、さらに私の頭から二メートル程上の様子はもっと分かりずらいものの、いくばくかの虫が飛び回っていることがどうにか分かったので、そちらに向けて一枚だけ写真を撮っておいた。 家で落ち着いてみてみると左上の方にどうやらカブトムシが写っている。 今年最初の成虫なのだろう。 虫達の掟が支配する世界がもう活発に始まっており、今年の夏はもう直ぐそこまで来ている。 山ではもう、ニイニイゼミが鳴いているのが聞こえた。

【PS】 山を下ってくると、さすが下界は雨がほとんど降っていなかった。 恩地川の橋を渡っている時、フト下の川を眺めると、大きな亀が首を水面にあげて休憩中である。 どう見ても日本の固有種ではなさそうだ! これを見ても、ペットとしての外来種の輸入は行政が下した最低な悪政の見本であることが良く分かる。(ちなみに体長は約20センチ程)
f0068075_2215666.jpg

[PR]

by usasho | 2006-07-08 21:59 | 自然
2006年 04月 22日

頭隠して尻隠さず

f0068075_2259523.jpg

 亡くなった母は何故か蘭の花が好きであった。 いくつかが庭に残っているが息子の手入れがいたって悪いために文字通り八重葎になっている。
 ふと見ていると、花弁が少し変わっているのがあるのに気が付いた。 先日転倒したせいで眼鏡を損傷し、額がいまだに痛むために眼鏡が掛けられないため、近づいて確かめてみると、昆虫が中に潜り込んでいるためにそう見えたのであることが分かった。
 なにやら蠅のようにも見えるので、摘み出そうとしたら、内がそんな無粋なことはおよしなさいな、っていうものだから、それもそうだ、と考え直してしばらく観察していたけれど、いっこうに物事が捗らない。 おしりをコチョコチョしてみようかなと考えたがやはり大人げないので考えただけでやはり眺めていたが微動だにしない。
 猫の額のような庭をぐるりと見て歩いたが、やはり動いた様子がない。 ヒョッとしてもう死んでいるのではないのか?っと草むしりをしている内に聞いてみるが、もはや笑って取り合ってくれない。 やはり、コチョコチョしてみるべきか?と考えたが、グッとこらえて書斎に引き返した。
 それから、内のお供で百貨店に明日の法事の引き出物を賄いに出かけ、内と分かれて一人で日本橋のPCパーツ屋を久し振りに見に出かけ昼飯も忘れて夕方帰宅したが、すっかり昆虫のことを忘れてしまっていた。
 10時を過ぎて、ふと思い出したため、懐中電灯をもって庭に出ると、まだ潜っているではないか! 内に、やはり死んでるんだ!って言ってみたが、内は鼻先で笑って一人で家の中に入ってしまった。 もう一度、コチョコチョやるべきではなかったのか、との思いが頭をよぎったが、名誉のために堪えてまた一人で書斎に戻り、PCの電源をポンと指で突いた。

【PS】 このごろは日本橋にも秋葉原のようにメイド喫茶の呼び込み嬢が立っている。 寒そうな袖無しのコスプレのフリフリを着て、何人かの呼び込み嬢が笑顔を振りまいてビラを配っている。 なかには一緒に並んで写真を撮っていく若者が何組もいる。 しばらく見ていたが3人ほどいた呼び込み嬢はとうとう寄ってきてはくれなかった。 別にビラをもらっても行く気はなかったんだけれどね…。
[PR]

by usasho | 2006-04-22 22:58 | 自然