『犬も歩けば棒に当たる』 ~辺りを見回してみよう!面白いことがいっぱいあるぞ!~

toubouroku.exblog.jp
ブログトップ

タグ:乗物の世界 ( 1 ) タグの人気記事


2007年 01月 02日

さよならYS11 ―YS11の思い出―

f0068075_172698.jpg

 先日所用があり、久しぶりに飛行機に乗った。 羽田についてブラブラと歩いていると、とあるウインドウの中に飛行機のミニチュアがたくさん並んでいる。
 私の目はある飛行機の影を追いかけたが、それは直ぐに見つかった。
 YS11は我々の世代には実に懐かしい響きを持って思い出される飛行機である。 昨年のある時期から様々な雑誌にYSの最終飛行についての記事を本屋で目にしていた。 そして、その日がやってきて、なにがしかの記事やニュースが最後のフライトのあったことを我々に告げていたが、深く読みたいと思ったり見たいとは思わなかった。

 思えばYSにはいろいろと深い思い出がつまっている。 先生と出かけた時の思いでや、一人で調査に出かけたときのくさぐさの懐かしい事共がYSの翼で力強く廻るターボプロップエンジンの音とともに懐かしく思い出される。 そうだ、一緒に乗った親父がエンジンの音に負けまいと身振り手振りを交えて大声でどなっていた。 地方空港で帰りに乗り遅れそうになりながら、滑り込む空港の向こうにもう待ちかまえているYSを見てタクシーの中で何度も何度も手を握りしめたこと等、本当に思い出は尽きない。

 しかし、いまや、模型としてガラスケースの中にチョコンと置かれているYSを見ると、懐かしさだけではなく一抹の寂しさもやはり禁じ得ない。
 しかし、目を閉じれば今でもロールスロイス製のエンジンが主翼の上でうなりを立ててながらYSが優雅に上昇し、そしてたおやかに旋回して視界から消えてゆく様を今でも瞼の奥で読み取ることが出来る。
 現在のジャンボやエアバスではとうてい味わうことの出来ない空の旅の思い出に一人耽りながら、私は都心への切符を買い求め、足早に改札をくぐった。
f0068075_18544280.jpg

【PS】 まだ今のようにテロやハイジャックが話題にならなかった頃、初めて乗ったジャンボのコックピットを飛行中に見せてもらうことが出来ました。 今からみれば考えられないようなことでしたが、何故か優しい(美人の)スチュワーデスのお目にとまって思わぬ見学が叶いました。 コックピットに座っている機長以下3人の親切な案内で中を覗かせてもらいましたが、今と違いアナログの計器が天井までびっしりと貼り付けられており、よくまあこのようなものを見ながら間違えずに飛べるものだとただただ感心いたしました。
[PR]

by usasho | 2007-01-02 17:01 | 邂逅