人気ブログランキング |

『犬も歩けば棒に当たる』 ~辺りを見回してみよう!面白いことがいっぱいあるぞ!~

toubouroku.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2007年 09月 19日

ワクワクするような時を追いかけて

 出かける前に好奇心さえポケットに入れ忘れなかったならば、ワクワクするような面白い出来事にいっぱい出会うことができる。
 好奇心に手を引っ張られ、背筋をピーンと伸ばして街や野山を歩こう。 いろんなものが周辺からいっぱい声を掛けてくる。 今まで見たことのないものから、見ていても気が付かなかったことまで、見渡せば面白いものや、何だろうと思うものがいっぱい周りから駆け寄ってくるのだ。
f0068075_0511599.jpg

 東大寺の大仏殿に女の子達がやって来た。 思い思いの服装をしてあっちを見たり、こっちに集まったりとキョロキョロうろうろしながら、本当に楽しくてたまらないようだ。 そんな楽しそうな彼女たちのさんざめきがフッと止まった瞬間、彼女たちは門に並んで一斉に写真を撮りだした。 みんなでピーンと背筋を伸ばし、デジカメを構えた彼女たちの後姿にはそれを見ている者まで浮き浮きさせてくれる何ものかがある。 きっと、今朝から面白いものがいっぱい見つかったのだろう、みんなの目がクリクリと輝き、言葉までが辺りを走り回っている。 この楽しい青春の一齣に幸よ多かれ!
f0068075_0512654.jpg

 今日はとってもよい天気で、少し動くと汗が噴き出してくる。 この門に立っているとまるで極楽から風が通って来ているようで本当に涼しく、少し長居して心地よい極楽の風を楽しんだ。
 この大仏殿の門前を守護する阿吽の像のうち吽形像は足下に天女を踏みつける兜跋毘沙門天である。 多くの仁王像はその足下に邪鬼の像を踏み敷くが、この像だけは清浄無垢な天女様を踏みつけているために、多くの人々はその意外性と、天女様への同情心が合体してこの毘沙門様の前にしゃがみこみ、その足下を覗き込むことになる。 さっきの子等がここでもしゃがみ込んで柵の中を覗き込み、毘沙門様のことはそっちのけで、もっぱら足下の気の毒な天女様だけが彼女達の話題をすっかり独り占めしてしまった。 後ろから拝見していると、「こりゃ!何をゴジャゴジャ言うておるのじゃ、主役はこのワシじゃゾ!ワシ!私の方を見んか!」とばかり眦をつり上げて下を睨み付ける毘沙門様が妙にいたわしく、かついじらしくも見えてくる。
f0068075_051393.jpg

 帰りに南大門を通ると修学旅行の生徒がワアワアと門の真下に集まってきた。 案内のガイドが声を嗄らしてハンドマイクから身振り手振りで得意の歴史解説を一席ぶっているが、生徒の方はといえば、お構いなしにキョロキョロと近くを飛び回り、それぞれが既にもう面白いものを探し出していた。 何十年か前にこんなこともあったっけ、と思うと無性に懐かしく、一時を彼らとご一緒させていただいた。 Vサインを出す反った指がこの子達の今日の楽しさを十分に伝えてくれる。 楽しい思い出をいっぱい創ってお帰り!とつぶやきながら、ちょっと迷惑そうな顔をして振り返る鹿達の頭を撫で撫で興福寺の方へと向かった。
 歩いていると、野を渡る風に乗って、鹿達のいつものニオイがプンとした。

【PS】 奈良に行くと一度は鹿煎餅をやってみたくなる。 煎餅売りのおばさん(昔から煎餅売りはおばさんが多い)から煎餅を受け取ると、それまで知らん振りをしていた鹿が途端に津波のように押し寄せてくる。 頭突きはする、舐め回す、足で脅す、体当たりするなど、あらゆる手段を尽くして彼等は煎餅を強奪しにやってくるのだ。
 ある人が言うには、鹿はきっと所有権というものを理解しているというのだ。 おばさんの煎餅入れに煎餅が入っている間は絶対に手出しが出来ないが、観光客がお金を払って煎餅を受け取るとおばさんから煎餅の所有権が移動して鹿が取っても良いものに変わるということを彼等はきっと理解しているにちがいない、というのだ。 だから、客が煎餅を買うまでは知らん振りをしていても、金を払った瞬間に、否、財布を持ち上げた瞬間に彼等は一斉に反応するのだそうだ。
 鹿は一体どこで経済学や法学を習ったのか知らないが、正鵠を得てはいないものの、その解釈の面白さに聞いていて思わず笑ってしまった。

by usasho | 2007-09-19 23:50 | 大切なもの
2007年 09月 15日

木々の踊り

 十三峠へ登る道には何カ所か木々が生い茂って昼なお暗い処がある。 それでも夏にはまだ7時前であれば何とか歩いて歩けないことは無いのだけれど、さすが9月も半ばを過ぎる頃には急に日が短くなり、5時でも多少足許が覚束ないことがある。 ましてや、現在、台風が東シナ海を北上中のため、今朝から雲が走って頃合いがつかめず、ぐずぐずと決めかねていたために今日は登り始めるのが遅かったから、暗くなりかけて慌てて山を下りだした。
 案の定、不思議な沼池がある辺りまで下りて来ると、既に夜の帳がそこここにたむろし始めており、急な坂に気を配りながら下り始めると、急に雲が割れたのであろうか、夕べの太陽が最後の一条の光を木々の間からこちらへと投げて寄こした。
f0068075_12304426.jpg

 余りにも密生したためであろう、幾分かの木々が地元の人々によって透かれていたため、光の通りが良くなったのだ。 太陽が西へと急ぐために、夕べのまったりとした光に照らされて木々がまるでスローなインド舞踊を見るようにゆったりと踊っているように見える。 何という怪しくも艶めいた姿ではないか。 夏の盛りにはあんなに鳴いて止まなかった沼の牛蛙がどういう訳か今日は全く水音一つあげない。 静まりかえり、夕べの闇が辺りに居並ぶ中で、輝く木々の怪しい踊りだけが目の前に浮かんでいる不思議な光景に私の目は釘付けになり鳥肌だった。

【PS】 暗くなった池の端に一匹の猫がポツンと佇んで、池を所在なさげにただジッと見ている。
 呼んでみたが、チラッとこちらに一瞥をくれただけで、相変わらず端正にチョコンと座ったまま、ただぼんやりと池に目を遣っている。 魚でも捕まえるにしては、全くそのようなそぶりも見せないし、また、それにしてはもう既に暗くなりすぎているように思う。 かといって、この猫がなにかを思い詰めて自殺しそうにも、また思えない。 しかし、先程、こちらを向いた時にチラリと見せたもの悲しい瞳から、人である私には推し量ることが出来ないような哀しい出来事があったのであろうか、などとも考えた。
 ものも言わず、ただ押し黙って池を眺め続ける小さな姿が妙に愛おしく気に掛かるが、もういくら呼んでもこちらを振り向いてはくれなかった。
 少しずつ辺りから色が失せ始め、池畔に佇む小さな猫のまあるい背中もだんだんと闇の中へと溶けてゆく。 後ろ髪が引かれたのだけれど、にじり寄ってくる闇達に追い立てられるようにして、トボトボと一人、私は山道を下っていった。

by usasho | 2007-09-15 23:50 | 自然
2007年 09月 07日

もう一人の住人

f0068075_8404170.jpg

 帰宅して、身支度を改め部屋のハンガーを取ろうとすると壁からなにやらゴソゴソと這い出てきた。 よく見ればいつものヤモリ君(?君かどうかは実は定かではなく、便宜上そう言っておく)だ。 また這入ってきたんだね! っと言って彼を表につまみ出した。 彼は別に何も悪いことはしないのだけれど、家族が誤って踏みつぶしては可哀想だからだ。 何故かこのヤモリ君は追い出しても追い出しても我が家に入り込んでくる。 ひょっとして我が家は掃除でも悪くて虫等が多いのだろうか?それとも彼が我が家を好いてくれているのだろうか?などとふと思ってしまうのだけれど、彼は何処からか分からないが僅かな隙間を通ってまたもや入り込み、知らない間に我が家の一員になっている。
f0068075_8405837.jpg

 ジッと眺めていると、愛嬌のある目をクリクリさせてジッとこちらを見ているのだけれど、なにせ、まだ子供で小さく、運動神経が大人ほどではないので下手をすると家族が慌てて踏みつぶしてしまいかねない。

 寝ようと思い、ふと窓の外を見ると、彼がガラス戸の向こうでしきりに虫を追っている。 部屋の中から彼をいろいろと撮影してみた。 足の裏の構造がそれとなく見え、よくあんなものでガラス戸の上を素早く移動できるものだと改めて感心する。 一生懸命に動き回る彼を見ていて、今、電気を消すと怒るだろうか?などとつまらぬ事を考えた。
f0068075_841929.jpg

 それにしても見れば見るほど彼は愉快だ。 彼の尻尾の動きが、彼の微妙な気持ちを代弁しているように思え、虫を追っているその姿が実にいじらしいのだ! しかし、いつまでも彼と一緒に夜更かしをするわけにもゆかないので、ヤモリ君ごめんねと言いながらソッと電気を消して一目散に寝床へと逃げ去った。

【PS】 ちかごろあちこちの飼い猫(もちろん余計なことで、他所様の猫の話であるが)が結構太っているように思う。(正直言って、あれは猫ではない! 実に可哀想なくらい猫が猫をもてあましている!) それに比べれば、巷で見掛ける野良猫たちは概ねより一層痩せてゆき、骨皮さんになっていることが多いように見受ける。 何かがおかしいのではないか! これは絶対に猫の飼い主の方に何か問題があるのではなかるまいか!?!

by usasho | 2007-09-07 23:40 | 身の回りの世界から