人気ブログランキング |

『犬も歩けば棒に当たる』 ~辺りを見回してみよう!面白いことがいっぱいあるぞ!~

toubouroku.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2007年 08月 21日

大きな土団子と狛虎

 これは何だろうか?という疑問はどうやらほぼ一斉に起こるらしいゾ!

 先日法事で京都を訪れ、その後、久しぶりに京の町を散策した。 東山法然院へ立ち寄った時、大きな石の塔の陰になにやら我が目を疑うような妙なものがのぞいており、一瞬頭の中が白くなった。
 こりゃ、一体何だろうか??? 12個の夏蜜柑のような大きさのまあるい球が串刺しのようにされて古びた木の台に突き刺さっており、どうやらその下の地面へと固定されているようだ。
 熱心に探してみたものの、全く何の説明も見当たらず、辺がスッキリと掃き清められている分だけ余計にかえってより一層怪しさが増してきた。 辺りをうろうろしながら待ってはみたものの、坊さんらしき人や、お寺の関係者はおろか猫の子一匹さえも出てくる気配がなく、仕方がないので、その前に立って素直な目で見ていると、どう見ても普通の芸術作品にしか見えないのだけれど、いやいや、ここはお寺なのだから、なにやら“秘密の一ひねり”がきっと有るにちがいなかろう!?などとひねくれたことを考え続けたけれど、結局誰一人関係者を見付けることが出来なかったものだから、渋々、取り敢えず写真だけを撮って、お寺を退散することにした。
f0068075_0173610.jpg

 それから一週間後、我々の寺(大阪天王寺区寺町)では施餓鬼の法要が行われ、その帰りに一人愛染さん(同夕陽丘町)の塔を見に出かけ、そのあと、日本橋へ行くために近くの大江神社を久しぶりに通りかかると、ここにはなんと狛犬ならぬ狛虎があるゾ!との表示を見付けた。 好奇心がムクムクと湧き、寄り道してみれば、こりゃまた何だ!っと、思わず目を見張るものがご鎮座遊ばしていたのであった。
 見れば、かなり年代物の(まさしく)虎が、なにやらもの言いたげに口を開き、チラリとこちらを見ている。 形から言っても確かに“狛虎”の片一方に間違いなかろう。 さらによく見ると、どうやら違鷹羽の紋所が土台側面に半分残っていることから、武家がこれを造らせたのではないかとも思われるが、しかし、何故犬ではなく虎なのであろうか、何故右側だけで、左側が無かったのかという疑問が残った。
f0068075_021116.jpg

 しかし、これもまた、よく分からぬままに先が急がれたので、取り敢えず写真だけは撮っておいて、日本橋へと急いだ。
 たまたまその夜更けてネットで調べ物をするほんのちょっとしたついでに(?)いろいろと寄り道をしていると、なんと、これら二つの“何だろうか?”が共に既に取り上げられていて、論評を受けているではないか!
 いつまでこれらのサイトがあるか不明であるが、ともかくはリンクを張ってみよう!
1)法然院 緑陰に数珠か団子か土供養(2007年06月22日朝日新聞ネット版:連載ピンホールの目)
2)大江神社の狛虎(大阪市)(2007年07月05日朝日新聞ネット版:連載勝手に関西世界遺産)

 朝日新聞のこの二つの記事で私の拙い疑問は見事氷解したのである。
 まず、法然院の団子の方は、「陶芸家の中野亘さんが土の供養のために制作、貫主がここに配置した」ということから、どうやら12個の球とは「南無阿弥陀仏」を二度唱えたという意味を数珠に託してこのイメージが創造されたのであろう。

 また、大江神社の狛虎は江戸期にここにあった毘沙門天のお堂があり、それを守護をするためにこの虎が犬に代わってここに鎮座することになったのだというのだった。 その後、お堂が取り壊されてしまい、狛虎だけになり、さらに不幸なことには相棒の吽形が何処かへ連れ去られ、独りぼっちになり所在なくここに座り続け、阪神タイガースが躍進するまでただひたすら耐えて待たねばならなかったのである。(待った甲斐あって、阪神の躍進と共に、相方は最近新しく復元されたけれど、お堂は復元されず、未だにただひたすら主のお帰りを待つ日々が続いているのである!) しかし、よく見ると、愛嬌たっぷりの、実にかわゆい虎ではないか!
 (注:神仏分離令が明治になって猛威をふるったことがこの虎の不幸の始まりで、肝心なことは虎が毘沙門天の使いだったことが狛虎になった所以だというのが、今回のミソであった。)

 私としては、上記の理由にいたく納得はしたものの、これは何だろうか?という疑問はどうやらほぼ一斉に起こるものらしいということが、なにやら不思議でならなかった!

 本当に、辺りを見回してみれば、いろいろと面白いことがいっぱいあるものだ!

by usasho | 2007-08-21 00:17 | 歩き回って
2007年 08月 09日

六道さん参り

 夏休みなって大学の図書館へ毎日通いだした。 ふとカレンダーを見れば今日9日は六道さん参りの日ではないか。 7時に大学を辞して松原通の六道珍皇寺(“ろくどうちんのうじ”と読む)へ向かう。 もう辺りは真っ暗であったけれど、迷いもせず足は私を寺まで連れて行った。 松原通にはいつものように夜店が出ているが、多少少なめなのはどうしたのであろうか?
f0068075_149388.jpg

 門をくぐると参道の両側にもやはりお店が出ていて、善男善女の会話がにぎやかに飛び交っている。 閻魔堂の閻魔さんや小野の篁の木造が参詣者の一年間の行いを糺しながら私たちを見下ろしている横を足早に、はたして今年はどれくらいの人が並んでいるのであろうかと思いながら迎え鐘の最後尾を探すと、いるわいるわ!いつも以上の人々が東門からはみ出して狭い路地を延々北へ一丁余り並んでいるではないか! 
 まあ、それでも1時間ほどで順番が廻ってくるだろうとのんきに構えて行列の末尾に席を取った。 一歩また一歩ではあったが行列は確実に進み、その間、涼やかな風が路地を渡って本当に殊の外涼しく、「まるで極楽の扉が開いたようだ!」とよく母が言っていたのを懐かしく思い出す。
f0068075_14105750.jpg

 京都ではお盆にご先祖さんを「お精霊さん」(“おしょらいさん”と読む)と呼び慣わしており、京都人かどうかはこの言葉が会話に入っているかどうかでだいたい判断がつく。
 1時間もたたないうちに順番がやってきた。 ここの鐘は表からは見えず、お堂の中に隠れているために構造はよく分からないのであるが、ふつうの鐘と違い、手前に手綱を引くと鳴るようになっている。 したがって鐘を撞くと言いながら、実際は手前に綱を引くと鳴るのだ。 しかもそれが、結構力がいる! 赤い布が巻かれた綱を二度引いて無事鐘を鳴らすことができた。

 六道さん参りは京都では彼方此方で行われているけれど、この六道珍皇寺の鐘が夙に名を馳せているのにはそれなりの訳があるのだ。
 ここ鳥部野の辺りには昔からこの世とあの世を結ぶ道があり(六道の辻と言い習わされている)、小野の篁は昼は宮中へ出仕し、夜はあの世へと出向いて閻魔の庁にて業務を執り行ったと云われるスーパーマンで、この寺の中にある井戸を通っては日夜この世とあの世を行き来していたというのだ(子供達が横で聞いていると、きっとこう尋ねるにちがいない。「ネェそのおじちゃんは一体いつ寝るの?」って!)。 この井戸は今でもこの寺にあり、いずれはゆけるものの、一度先に這入らせていただいて、是非閻魔様に拝謁賜りたいものだと私は罰当たりにも常々想っている。
f0068075_1412035.jpg

 お堂を出ると、さんざめく夜店を左右に見遣りながら四条の方へと向かった。 途中で幽霊の飴屋(死したる母が、我が子を養うため、夜な夜なこの飴屋に飴を買いに通ったという)があり、飴を一袋買って帰る。 この飴は結構素っ気ない形をしているものの、なかなかのものでこれならば必ずや赤子も育ったであろうと想われる。

 昼間の疲れからであろうか、電車に乗ると、深い深い眠りに墜ちてしまい、あの世ならぬ大阪へと電車は私を運んでいったのである。

【PS】 くどいようではあるがこの幽霊の飴は美味しい。 癖のない、すっきりとした味わいが満艦飾の日常に慣れてしまった我々にとって、本当に不思議な味わいである。 口に入れていることさえ、つい忘れてしまうこの飴には、現代が忘れてしまいかけている味がしてならない。 げに、この飴ならば赤子も育つであろうが、もう少し小さくし、かつ、角を取ってやらないとい赤子には大きすぎるし、口の中に傷を付けてはならないから、と思うのだけど、それは年寄りの余計な詮索であろう。

by usasho | 2007-08-09 23:02 | 日記
2007年 08月 02日

久しぶりに山に登った!

f0068075_22505533.jpg

 毎日目の前に山を見ながらも、年の性なのであろう、長い間体調を崩し、この3ヶ月ほど指をくわえて眺める日々が続いた。 かといって、別段今良くなったわけではないのだけれど、ほんの少し体調が整ったことを言い訳に、また、内が出かけている隙をぬって、これ幸いにと、家を脱走し、山へと出かけたのである。
 なんと心弾むことであろうか! 少々天気模様が芳しくはないものの、浮き立つ気持ちを静めながら、いつもの登山道に到着した。
 少し登り始めると、飢えた眼にいろいろな物が飛び込んでくる。 オオナナフシがいるかとおもえば、思わず吹き出しそうになる人面虫が足許から私を見上げている。
f0068075_22512057.jpg

 山道は人が通うから辛うじて道として残っている状態で、もし人が歩かなくなると、途端に草に道は飲み込まれ無くなってしまうに違いない。
f0068075_22514125.jpg

 日溜まりにはニホントカゲの成体やきんきら尻尾の幼体が夏の日を浴びている。
f0068075_2252099.jpg

 あえて手入れをしていない山道はまるで小さなジャングルのような風情があり、これを眺めながら、やはり脱走してまで登ってきたことの言い訳をしきりに見つけ出したりしている自分がおかしい。
f0068075_22521134.jpg

 水飲み地蔵のお堂の入り口に奇妙な生き物と覚しき物がうごめいていた。 うずくまって観察してみると、どうやらこれは生き物らしい! ゾウムシのような昆虫が蜘蛛の巣に引っ掛かったのだけれど、何とか脱走に成功し、いっぱい蜘蛛の糸を体に巻き付けながらもお堂の入り口まで辿り着いたのだった。(帰って調べたら、どうやらアシナガオニゾウムシのメスみたいである!) 彼女は死地からの無事な生還をお地蔵様に感謝するためにやって来たのであろうか! 聞けるものならば、彼女から奇跡の生還の顛末をばじっくりとお聞きしたいものである。 
 頂上付近ではもう夕刻が迫り始めたためであろう、ヒグラシが涼しげな声を立てている。 石に腰をかけ、水で喉を潤しながら、目を閉じて風のそよぎと生き物たちの声にしばし耳を傾けた。

 久しぶりにたっぷりと山を堪能したあと、恐る恐る家に辿り着けば、風呂が沸かれ、冷えたビールがニッコリと私を待っていてくれたのであった。

【PS】 山道を登っていると三人ずれの親子に出会った。 上の写真のようにすれ違うには少々狭かったので道を譲った。 先頭の男の子が帽子を取って「ありがとうございます!」と挨拶をした。 つぎの女の子も、父親も同じように挨拶をして下っていった。

by usasho | 2007-08-02 22:40 | 自然