人気ブログランキング |

『犬も歩けば棒に当たる』 ~辺りを見回してみよう!面白いことがいっぱいあるぞ!~

toubouroku.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2006年 04月 29日

ちりぬべき 時知りてこそ

f0068075_071659.jpg

 ちりぬべき 時知りてこそ 世の中の 花も花なれ 人も人なれ
とは細川忠興室のガラシャ夫人が関ヶ原の戦いで石田軍に屋敷が包囲され人質になるのを嫌い、家来の手により死ぬ道を選びその折りに詠んだ辞世の句だそうである。 細川家の屋敷跡である今の越中町の元の台所にあったと伝えられている井戸(史跡、越中の井)のそばにこの碑は佇む。 徳富蘇峰の筆になる碑の文面と、この反対側にある新村出の解説がある。
 素直に詠めば、武家の女房の鏡であり、あっぱれな散り際の鮮やかさを際だたせるような一首ではあるが、これが明治を起点とした近代日本の中で再び脚光を当てられたということに正直重いものを感じてしまう。
 近代国家以前の段階のみをみたならば、これはごく普通の武家の行為であったと思われるし、武家であれば当然このような行為に及ぶことは自然な選択でもあり、感想でもあったはずである。
 明治以降にこのような概念を再出してくるところに明治期の日本の特質の深部を覗くことができるのではないか。

【PS】 甚だしく不純な感想かも知れないが、敵軍に包囲され、燃え盛る屋敷の中からこの辞世の句がどのようにして外部に持ち出され後生に伝わったのだろうかといつも思ってしまう。 身を挺してこの句を持ち出した忠義な家来衆が常にこの持ち出しに成功するのだろうかと、いつもこの点に思いが至る。 むかしから、壮絶な死をもって後世に伝わる辞世の句に接する時、このような妄想に駆られてしまうのは己の不純な心の表れなのだろうか。 歴史の現場に佇むとふとそんなことを考えてしまいます。

【PS2】 昨夜、寝る時にふと思った。 ガラシャ夫人(お玉さん)はその死の直前に父明智光秀のことが心をよぎったのではあるまいか、それとも母とともに暮らした良き日ことが思い出されたのであろうか。 はたまた、夫細川忠興のことが気に掛かったのであろうかと…。

【PS3】 しかし、日本に巣くう多くの指導者の諸君にこの句を煎じて飲ませてやりたいですね。 小泉総理は散り時を自覚されたようですが、多くの魑魅魍魎よろしく薄暗い部屋の中でうごめいておいでの方々にはこれを飲んで悟って欲しいものですが…。
 

by usasho | 2006-04-29 20:05 | 歴史の証人
2006年 04月 25日

神様のお家

f0068075_1113639.jpg

 アニメ『千と千尋の神隠し』の冒頭でチラッと現れて千尋が母親に「あれはなあに」と聞くと、母は「神様のお家よ」と答える場面がある。 ここ、岡山県の倉敷市、どちらかといえば旧の吉備郡庄村下庄にはこのような“神様のお家”が今でも祀られている。 この辺りは多くは真言宗の高野山派の信徒が多い地域である。 多くの祠は総て丁寧に祀られて連綿と今に息づいているのだ。
 この写真の祠のいわれは、できものの神様のお住いだそうで、人家と離れた川の畔の道ばたの立木の下に祀られている。位置は木の南側。(以前は北側に、道に面して北向きに置かれていた。従って、今は木を挟んで道の反対側、南向きにある。)
f0068075_1122056.jpg

 この祠は水の神を祀ったもので、同派寺院の入り口の井戸の辺に祀られている。位置は北向き。
f0068075_1123550.jpg

 この祠は、近くの民家の庭にある屋敷神の祠で三つの祠が東向きに二軒、南向けに一軒がその庭の中に祀られている。

 これらの祠は、ある一定の精神的世界を地域全体で共有することで、それぞれの祠の社会的地位が形成され、地域の一定の社会的行為に一定の意味が付与される。 そのために、これらの祠の製作が一定の社会的需要を持つと共に、この精神的世界の共有によって特徴づけられた生きた社会的規範は地域の構成員によって生きた社会的行為として、その歴史的世界において現象することになる。

【PS】 今日聞いた話だが、鯉が川が溢れてきて田んぼの中に流れ込んでしまうことがあったが、鯉は元の川に帰るためには畦の上に飛び上がり元の川の方に向かって飛び跳ねなければならないということを理解しているのだそうだ。 命がけのこの行為は時として不幸な結末も用意されているようだが、おおむね鯉は元の川へと辿り着くという。 鯉に限らず動物の知恵だといって、彼等を決してあなどってはならないと教えられた。 

by usasho | 2006-04-25 22:10 | 歴史の証人
2006年 04月 23日

母なる木の下で

f0068075_10495249.jpg

 雨上がりの八幡社で蛙が虚ろな目をして考え事をしていた。 春先から多忙であったため、今年初めての邂逅である。 八尾に越してきた当初は結構辺りにも自然が溢れ、動植物の観察には事欠かなかったのに、久し振りに散歩してみると、ここにも家が、彼処にも建物がと、記憶の中にあった多くの自然が既に過去の世界へと旅立ってしまっていた。
 この境内には多くの楠木等がかつての傍示木として残されており、彼等を中心とした命の体系は実に多くの命を支え育んできた。 少しあたりを歩いてみれば実に多くの命が息づいている。 文字通り、母の木として彼等が守り育ててきた命が永久に栄えることができますようにと祈らざるを得ないし、我々も彼等を慈しみ、共に生きてゆける工夫をする必要があろう。
f0068075_10572532.jpg
 一本の古い傍示木の切り株の中にキセル貝が食事中である。 この貝を初めて発見したのは小学生の時であり、大変な驚きを以て手に取ったことが今でも昨日のように思い出せる。 何故か隣りに雀の真っ白く曝された骨が転がっており、あまりにも綺麗だったので一緒に家に持って帰り、机の上に置いていたら母に叱られたことがやはり懐かしく思い出された。


【PS】 今朝起きてみると庭で内が昨日の昆虫をつついている! どうしたのだ!と聞くと、ニッコリと振り返って言うには、この虫は花に取り殺されているよ!だって。 走って(走るほども広くはないのに!)見に行くと、花弁が虫を押さえつけて動けなくなり、虫は中ですでに絶命していたのだ。 ああ、美しい花はやはり恐ろしいものだと言うことがよく分かった。

by usasho | 2006-04-23 10:48 | 自然
2006年 04月 22日

頭隠して尻隠さず

f0068075_2259523.jpg

 亡くなった母は何故か蘭の花が好きであった。 いくつかが庭に残っているが息子の手入れがいたって悪いために文字通り八重葎になっている。
 ふと見ていると、花弁が少し変わっているのがあるのに気が付いた。 先日転倒したせいで眼鏡を損傷し、額がいまだに痛むために眼鏡が掛けられないため、近づいて確かめてみると、昆虫が中に潜り込んでいるためにそう見えたのであることが分かった。
 なにやら蠅のようにも見えるので、摘み出そうとしたら、内がそんな無粋なことはおよしなさいな、っていうものだから、それもそうだ、と考え直してしばらく観察していたけれど、いっこうに物事が捗らない。 おしりをコチョコチョしてみようかなと考えたがやはり大人げないので考えただけでやはり眺めていたが微動だにしない。
 猫の額のような庭をぐるりと見て歩いたが、やはり動いた様子がない。 ヒョッとしてもう死んでいるのではないのか?っと草むしりをしている内に聞いてみるが、もはや笑って取り合ってくれない。 やはり、コチョコチョしてみるべきか?と考えたが、グッとこらえて書斎に引き返した。
 それから、内のお供で百貨店に明日の法事の引き出物を賄いに出かけ、内と分かれて一人で日本橋のPCパーツ屋を久し振りに見に出かけ昼飯も忘れて夕方帰宅したが、すっかり昆虫のことを忘れてしまっていた。
 10時を過ぎて、ふと思い出したため、懐中電灯をもって庭に出ると、まだ潜っているではないか! 内に、やはり死んでるんだ!って言ってみたが、内は鼻先で笑って一人で家の中に入ってしまった。 もう一度、コチョコチョやるべきではなかったのか、との思いが頭をよぎったが、名誉のために堪えてまた一人で書斎に戻り、PCの電源をポンと指で突いた。

【PS】 このごろは日本橋にも秋葉原のようにメイド喫茶の呼び込み嬢が立っている。 寒そうな袖無しのコスプレのフリフリを着て、何人かの呼び込み嬢が笑顔を振りまいてビラを配っている。 なかには一緒に並んで写真を撮っていく若者が何組もいる。 しばらく見ていたが3人ほどいた呼び込み嬢はとうとう寄ってきてはくれなかった。 別にビラをもらっても行く気はなかったんだけれどね…。

by usasho | 2006-04-22 22:58 | 自然