『犬も歩けば棒に当たる』 ~辺りを見回してみよう!面白いことがいっぱいあるぞ!~

toubouroku.exblog.jp
ブログトップ
2009年 12月 06日

ある冬の日に

f0068075_1635176.jpg

 とうとう冬がやってきた。 玉串川沿いの木々も一枚、また一枚と一夜毎、北風毎に葉っぱを通路や河面に散り敷いてゆく。
 しかし、この木だけが何故か、頑なに赤く染まった葉っぱを付けたままになっている。 最後の一枚でなく、最後の一本だけと言うところが良い!
 だが、この一本も何時かはその葉っぱを手放す時がやってくる。 毎朝、この紅葉をチラッと見て、駅に急ぐ。 この木から赤くなった小さな葉っぱが風に舞う時はきっと雪でも降ってくるのであろうか。
[PR]

by usasho | 2009-12-06 23:42 | 身の回りの世界から


<< サイトの再出発にあたって      巡る季節 >>